忍者ブログ
三重県伊賀市 本尊五大明王の祈願寺 
[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご縁を頂きまして、大阪は天王寺にある「應典院」さまにお参りしてきました。

こちらは、自称「日本で一番若者が集まるお寺」
開かれたお寺の代名詞として、いま仏教界で話題を集める有名なお寺です。



檀家さんがいない、お葬式をしない、という特異性。それでいて「ひとが集まる、いのち弾ける、呼吸するお寺」をテーマに、さまざまな演劇やトークイベント・公演・ワークショップ・映画上映などを催して、年間 老若を問わず3万人の人々が訪れるそうです。

かつてお寺が持っていた地域の教育文化の振興に関する活動に特化した寺院として計画され、〈気づき、学び、遊び〉をコンセプトとした地域ネットワーク型寺院として1997年に再建。とこちらは、HPより抜粋です。

種を明かすと、こちらは隣接する浄土宗のお寺さまの塔頭なのだそうです。そちらには、きっとお檀家さんもおられるし、お葬式も年忌もお勤めされることでしょう。「應典院」はその子院として、「劇場型寺院」をコンセプトに年間さまざまな活動をされています。



内装は、ガラスとコンクリート・鉄板とこじゃれたイベント会場の様相。ロビーや境内は一般開放されているので、どなたでもふらりと訪れてゆっくり過ごすことが可能です。

大阪の都心にある、日本一開かれたお寺。今回、足を運んだ詳細は、次のブログにて紹介したいと思います。

PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SNS
Wakou Nakayama

バナーを作成


TweetsWind
最新CM
[07/13 meg]
[06/28 和光]
[06/28 じゅんじゅん]
[03/02 和光]
[03/01 じゅんじゅん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
和光さん
性別:
男性
職業:
副住職
趣味:
読書、息子と遊ぶこと
自己紹介:

真言宗豊山派のお坊さん

大和国は豊山長谷寺の門前町に生を受け、仏縁あって僧侶に。
伊賀国は江寄山常福寺の副住職になりました。

現在檀務と共に、ご詠歌、声明ライブ、豊山仏青、歩き遍路など、色々活動しております。
カウンター
最新TB
バーコード
忍者アナライズ
Copyright © 江寄山常福寺のブログ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]