忍者ブログ
三重県伊賀市 本尊五大明王の祈願寺 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続けて、『伊風道々 ~ありがたや 大師と巡る 伊賀の国~』について更新。

ご参加いただいた皆さまが撮影された写真を、幾つか手に入れたので紹介いたします。
今回お越しになれなかった方も、オフショットをお楽しみください。


まずは、英哲風雲の会の皆さま

左から、谷口卓也さん、上田秀一郎さん、岩田龍誠さん
今回は、記念イベントの目玉。千響コンサートで、主軸を担って頂きました。

実際お会いした感想、皆さん、とても爽やかで清々しい。ひたすらに太鼓を叩き続けていると、人格も磨かれるのでしょうか。雑味のない、とてもいいお顔をされていました。




続けて、千響コンサートの様子を2枚

今回 私は、舞台裏で、舞台監督のお手伝いや演者さんのお世話、来賓のご案内などに汗を流していました。客席から見ると、こんな風になっていたのですね。

2枚目は、下手から 木村量弘 委員長の力強い雄姿をパシャリ☆




別会場につき、顔を出せなかったのですが、
西大寺(真言律宗)の皆さまによる大茶盛の様子です。

こんな大きな茶碗でお抹茶を頂くのですよ!
器が大きすぎて、たいていは両脇の方に支えて頂くとか、量が多すぎて飲みきれないのがあるあるです。自然と、皆さまいい笑顔に(笑)


最後は、ゆるキャラ

伊賀のゆるキャラ、しのぶ と にん太が皆さんをお出迎え!
白鳳幼稚園児など、子供たちに大人気でした。

他にも、高野山から「こうやくん」が来てくれたり。
写真は、伊賀が誇る イケメン美坊主(豊山)と4ショット!!

他にもたくさん催しを行ったのですが、今回写真を入手できたのはこの程度。今後、伊賀四国霊場会のブログでも、追々 当日の様子が更新されていくことでしょう。

今回のお写真は、主にFacebookに公開されていたものをシェアさせて頂きました。写真をお借りした皆さまに、この場をもって御礼申し上げます。ありがとうございました。

PR
11月9日、伊賀市文化会館・サンピア伊賀にて実施いたしました『伊風道々 ~ありがたや 大師と巡る 伊賀の国~』

伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年の目玉となるイベントは、お蔭さまで1500名を越える皆さまにご来場いただき、盛大に催すことが出来ました。
ご協力・ご協賛いただいた関係各位、ご来場いただいた皆さま、全ての方々に感謝の気持ちを込めて御礼申し上げます。誠に、ありがとうございました。

さて 正直なところ、この記念イベント、余りにたくさんやりたい事を詰め込み過ぎて、広げた風呂敷を結べないんじゃないかと心配していました。

霊場という組織の大きさも関係するのか、遅々として進まぬ支度。埋まらぬパズルのピース。直前に追い込みをかけ、なんとか当日までに端っこを結べたような感想です。


(千響コンサート プログラム)

有り難いことに、自分が担当した“千響コンサート”は、後日、どなたから感想を聞いても「素晴らしかった!」「また聞いてみたい」「どうやって、あんな見事な演奏が出来るのか?」「千響の追っかけをしようかしら?」と賛辞の嵐を頂きました。

豊山太鼓“千響”の熱のこもったお唱えと演奏が、多くの聴衆の心を揺り動かし、満ち足りた気持ちにしてくださいました。北は福島、南は愛媛からお集まり頂いた、45名の皆さま。
やはり、豊山太鼓“千響”にお願いして間違いはありませんでした。

(千響コンサート リハーサル風景)

しかし裏方は、周到に準備したつもりでも、様々なアクシデントが生じましたね。それぞれがどんなに一生懸命動いても、大小のミスは生じるもの。問題にはその都度対処するのみですが、正すべきは準備不足。怠慢こそ敵とせねばなりません。

今回、人と人の間を取り持つ仕事に携わり、多くのことを学ばせて頂きました。

準備すること1年以上、直前までさまざまな問題や困難が生じましたが、ご来場いただいた皆さまの満足そうな笑顔を頂いて、それら全てが報われたような気がします。あれだけのイベントを、事故ゼロ・怪我人ゼロ で終われたのですから御の字でしょう。

霊場開創150周年という機会に、実行委員として携われたことは、誠にありがたい仏縁でした。伊賀四国霊場の歴史に、新たな1ページが刻まれました。

かねて、歩き遍路や御礼参り、このブログでも告知して参りましたが、
今秋、伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年の正当年の目玉として、記念イベント『伊風道々 ~ありがたや 大師と巡る 伊賀の国~』を実施する運びになりました。
 
期日は、平成25年(2013)11月 9日(土)
豊山太鼓 ”千響” による声明×太鼓のコンサートや、お砂踏み、写経、大茶盛など、内容もり沢山の参加&体験型イベントになります。

伊風道々_ポスター
(画像をクリックすると、大きく表示されます)

伊風道々_チラシ裏面
(画像をクリックすると、大きく表示されます)

詳細は、ポスター&チラシや 伊賀四国霊場会ホームページ をご覧いただくとして、いよいよ今月より、”千響”コンサートのチケット販売が開始されました!!

西大寺大茶盛のお茶券つきで、代金 3,000円也。これは、正直お値打ちものですよ!! 伊賀で本格的な声明×太鼓のコンサートは珍しいですから。
皆さま、ご家族お友達をお誘い合わせてふるってご参加くださいませ。
 
 
因みに私は、コンサートに出演いただく豊山太鼓 ”千響”さんを始め、警備・出店などの業者との窓口が主な仕事。

”千響”さんとは話がスムーズに進むのですが、大変なのは会計のやりくり。何しろ、東海道を30名以上のお坊さんに移動して貰い、しかも太鼓までご持参いただいてコンサートをするのですから、出費は幾らでも嵩んできます。
予算一つ作るのも苦労が多いですが、皆さんと相談して、よりよいイベントが開催できるよう準備しています。

豊山太鼓 ”千響”の先輩 馬場貞範師が、こんな言葉を掛けてくださいました。

「苦労した分だけ、素晴らしいイベントができる。必ず成功させるよ」

ありがたい言葉を胸に、記念イベントに向かって力を注ぎたいと思います。

これまで幾度も紹介している 「歩いてまいろ 伊賀遍路」
伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年の記念事業の一つとして、檀信徒の皆さまと伊賀四国の各寺院を歩いて巡拝しています。


(第41番 大福寺さま。5月9日、朝の様子です)

この事業に当たっては、記念事業実行委員会の担当者が、札所寺院への諸連絡や人員の割り振り、バスの手配、ご朱印の先取り、時にはお弁当や飲み物の用意まで、影に日向に多くの汗をかいてくれています。

私は担当者ではありませんが、可能な限り参加するようにして、引率や誘導、時にお唱えの頭出しなど色んな形で協力させて頂いています。


さて実は、歩き遍路に参加した実行委員には、持ち回りで一つ大切な役目があります。

それは、霊場会ホームページにあるブログに、歩き遍路 当日の様子を更新すること。過去、お檀家さんと一緒に歩いた44回のうち、現在まで たった一度を除いて全てご紹介しているのです。


一緒に歩いてくださっている方は、当然ご存じで、

 「私、あのブログいっつも見てんで」

 「今回は、誰々ちゃんが写っていた」

 「あれ、恥ずかしい!」

 「何言うてんの、べっぴんさんやったで~~」

とは、次の歩き遍路で交わされる日常の会話。


ちなみに、今回は私が更新させて頂きました。

『歩き遍路 #3_14  2013.05.09』

歩き遍路に一度も参加したことがない方も、ご覧いただいてお遍路気分を味わって頂けたら幸いです。

陽気もよくなり、お遍路には絶好の季節といえます。
さぁ、伊賀四国霊場が、皆さまのお参りをお待ちしていますよ!!

伊賀四国八十八ヶ所霊場 開創150周年の記念事業の一つとして取り組んでいる「歩いてまいろ 伊賀遍路」も、今年で3巡目。

初年から通して参加されているすっかりお馴染の方もいれば、今年初めて参加された新顔の方もあり。現在は80名程度で、上野・名張の2班に分かれてお参りしています。



 
(第34番 不動寺さまの本堂と、その堂内でお勤め)

参加者が増えると、一緒に歩くスタッフの人数確保が難しくなってきます。
しかし、そこは皆さまいい大人ですから、回を重ねることに要領を憶え、すいすいと危なげなく確かな足取りで歩を進めてくださいます。
 


例えば、参加されている中で最高齢の方は、御年86歳のおばあさん。私がご詠歌指導をしていた講員さんで、今回から参加された娘さんと一緒に元気な姿でお参りされています。


そんな「歩いてまいろ 伊賀遍路」が、朝日新聞・中日新聞・伊勢新聞などの取材を受け、それぞれ紙面にて紹介されたようです。


(4/23 朝日新聞 伊賀版。うちの住職が顔写真つきで紹介されています!)

特に、朝日・伊勢の両紙は紙面を大きく割いて掲載してくださいました。
やはり新聞掲載の効果は大きい。その後、ちょこちょこ事務局にお問い合わせの連絡も入ってきております。

これで、参加者がまた増えたら来年以降はどうするのでしょう?? それは嬉しい悩み、また皆で知恵を絞る必要があるかもしれません。

この度の巡拝も、あと2回で満願を迎えます。6月には、同行の皆さまと高野山へ御礼参り。宿坊に泊まって、高野山にゆっくり滞在する予定です。
 

※歩き遍路は、毎回その様子を 伊賀四国霊場会ブログ で更新しています。
 興味を持たれた方は、どうぞご覧になられてください。


カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
SNS
Wakou Nakayama

バナーを作成


TweetsWind
最新CM
[07/13 meg]
[06/28 和光]
[06/28 じゅんじゅん]
[03/02 和光]
[03/01 じゅんじゅん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
和光さん
性別:
男性
職業:
副住職
趣味:
読書、息子と遊ぶこと
自己紹介:

真言宗豊山派のお坊さん

大和国は豊山長谷寺の門前町に生を受け、仏縁あって僧侶に。
伊賀国は江寄山常福寺の副住職になりました。

現在檀務と共に、ご詠歌、声明ライブ、豊山仏青、歩き遍路など、色々活動しております。
カウンター
最新TB
バーコード
忍者アナライズ
Copyright © 江寄山常福寺のブログ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]