忍者ブログ
三重県伊賀市 本尊五大明王の祈願寺 
[193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7日、豊山仏青ホームページ 新企画の取材のために、京都は長岡にある乙訓寺(おとくにでら)を訪れました。

14e8bf9e.jpg乙訓寺は、かつて宗祖弘法大師が別当として住居された、真言宗豊山派が誇る古刹。日本仏教の巨星 空海(弘法大師)と最澄(伝教大師)が始めて対面した他にも、早良親王幽閉など、幾度か歴史の表舞台に上がったお寺です。

b7ec850d.jpgそして、乙訓寺のご住職 川俣海雲師は、実は私の大学時代の同級生。同郷初瀬で少年時代を過ごし、一年間大学の寮の同室で寝食を共にし、長谷寺でも駆け出しの僧侶として一緒に修行した仲間です。


大学卒業後はご無沙汰しておりましたので、今回は久々の再会。ありがたいご縁を頂いて、懐かしく旧交を温めることができました。

c450ad37.jpg公私ご多忙の中、ゆっくり時間を取って頂き、インタビューの後もわいわいと談笑。秘仏本尊 八幡弘法合躰大師はさすがに叶いませんでしたが、憂愁の毘沙門天(国重文)や本堂の内拝、寺宝什物の数々をたっぷり拝観させて頂くことが出来ました。

尚、今回は地元の真言僧 石原了文師(高野山真言宗)に同行して頂きました。師は、私と同じ在家(一般家庭)の出身。平素から社寺仏閣を巡り、神仏を篤く崇拝されている勤皇僧であります。今回のお誘いを快諾くださり、雑務をお願いした他、道中さまざまな談義に花を咲かせることが出来ました。

二人の真言僧と談義し友好を深めた、素晴らしい一日となりました。

現在 乙訓寺は、二千株の牡丹が咲く花のお寺としても有名です。
 詳しくは…、コチラをご覧ください。 
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SNS
Wakou Nakayama

バナーを作成


TweetsWind
最新CM
[07/13 meg]
[06/28 和光]
[06/28 じゅんじゅん]
[03/02 和光]
[03/01 じゅんじゅん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
和光さん
性別:
男性
職業:
副住職
趣味:
読書、息子と遊ぶこと
自己紹介:

真言宗豊山派のお坊さん

大和国は豊山長谷寺の門前町に生を受け、仏縁あって僧侶に。
伊賀国は江寄山常福寺の副住職になりました。

現在檀務と共に、ご詠歌、声明ライブ、豊山仏青、歩き遍路など、色々活動しております。
カウンター
最新TB
バーコード
忍者アナライズ
Copyright © 江寄山常福寺のブログ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]