忍者ブログ
三重県伊賀市 本尊五大明王の祈願寺 
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

142f821c.jpg某日、劇場で公開されているアニメ映画『手塚治虫のブッダ ~赤い砂漠よ!美しく~』を観賞しました。

マンガ界の巨匠 手塚治虫が10年掛けて描きあげた傑作と名高いこの作品。今回は、全日本仏教会の推薦ということで、関係筋からチケットを購入しました。

アニメだし、息子を誘って見に行こうかな。そう気楽に考えていたのですが、どうも息子が乗ってこない…。そりゃあ、ポケモンでもワンピースでもないけど、アニメだぜ! 観に行こうよ。と強く誘ったら、「うーん、実は僕、おしゃかさまとかブッダとかあんまり興味ないんだよね」と冷静なお言葉…。

そりゃそうだよね、小学2年生だもの(^-^;A では、またの機会にと、母親を誘って妻と3人で出掛けることにしました。

感想としては、今回は壮大な物語の序章といったところ。お釈迦さまの誕生から出家まで、要所を押さえて描いていますが、出番が少なくまるで脇役の様相。むしろ、シュードラ(奴隷階級)の少年を物語の主軸に据えることで、時代背景や差別問題について説いているように感じました。

噂に聞いていた残酷な描写も少なくなく、おそらく出血や津波のシーンなど、随分配慮して作られたのだろうなと察することしきり。これは、小2の息子を連れてこなくて正解だったかもしれません。もう少し大きくなってから、機会があれば観るとよいでしょう。

個人的には、お釈迦さまの生涯について再確認できたこともあったし、本題とも言える続きが気になるところ。続編も観賞したいし、機会があれば原作も読んでみたいと考えています。

巨匠 手塚治虫の「ブッダ」 興味のある方は、劇場でご覧いただくことができます。

 オフィシャルサイトは…、コチラ
 ※ 公開劇場をご確認の上、お出掛けください
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
TRSCKBACK
trackbackURL:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
SNS
Wakou Nakayama

バナーを作成


TweetsWind
最新CM
[07/13 meg]
[06/28 和光]
[06/28 じゅんじゅん]
[03/02 和光]
[03/01 じゅんじゅん]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
和光さん
性別:
男性
職業:
副住職
趣味:
読書、息子と遊ぶこと
自己紹介:

真言宗豊山派のお坊さん

大和国は豊山長谷寺の門前町に生を受け、仏縁あって僧侶に。
伊賀国は江寄山常福寺の副住職になりました。

現在檀務と共に、ご詠歌、声明ライブ、豊山仏青、歩き遍路など、色々活動しております。
カウンター
最新TB
バーコード
忍者アナライズ
Copyright © 江寄山常福寺のブログ All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]